給湯器の寿命を知っておくと故障時も安心~給湯トラブル相談窓口~

家族

買い替え時を知ろう

インテリア

給湯器があることによって、家庭では常に温かいお湯を出すことが可能になっています。冬場は欠かすことができない給湯器ですが、毎日のようにお風呂に入る人が多い国内では、シーズン関係なくフル稼働させて利用するでしょう。その為、劣化スピードも早いと言われています。最近では、機能性や耐久性が高く、長持ちする給湯器も数多く誕生しています。給湯器を交換するにしても、正しいタイミングや給湯器の寿命を知っておく必要があるでしょう。

給湯器の買い替えをする時には、まずは現在使っている給湯器の症状を確かめておくのも1つのポイントです。まず、お湯の温度が不安定、熱いお湯と冷たい水が交互に出る、などといった症状が現れる場合、寿命が近づいている可能性があります。加えて、温度は高く設定しているのに、熱いお湯にならない、お湯の出る量が少ないといった症状も給湯器が寿命が近いサインと言えるでしょう。買い替えの目安としては、大体10年から15年程度と言われています。この位の年数利用して、何も異常が無いという場合でも一度専門業者に依頼して点検してもらうのが良いでしょう。基本的に10年以上経過したら、給湯器も劣化が進んでいくものです。寿命が近づいている給湯器は、基本的に燃費も悪くなってしまうので家計の負担も大きくなってしまいます。現在では様々な種類が誕生しており、省エネタイプなども人気があります。ガスや電気代が少し高くなった気がするという時には、給湯器を見なおしてみるのも良いでしょう。

Copyright© 2016 給湯器の寿命を知っておくと故障時も安心~給湯トラブル相談窓口~All Rights Reserved.